≪遠近両用メガネとは≫

遠近両用メガネとは、メガネレンズの上の部分に遠くを見る度数、下の部分には近くを見る度数が入っています。1 つのメガネで遠くから近くまで見える便利なメガネです。 [遠近両用レンズの種類] 境目なし累進多焦点レンズ・二重焦点レンズ・三重焦点レンズがあります。※累進多焦点レンズとは境目がないタイプで、近視のメガネと同じため、老眼鏡をかけていることに気づかれません。 累進多焦点レンズには他に中近両用レンズ・近近両用レンズがあり、 見る距離が中間距離(約2m)が多い場合 中近両用レンズ、1m以内が多い場合 近近両用レンズを使用したメガネにすると便利です。※ 近近両用と中近両用」の定義はメーカーで違います。

≪ 老眼(老視)とは≫

老眼とは、年齢を経ることで、カメラでいうフォーカスがスムーズに行えない状態になることです。

カメラのレンズにあたる水晶体が老化(硬化)することが原因で、実は30歳ぐらいから始まっています。

正視の人で、40歳頃から眼が疲れたり、新聞の文字などが見えにくくなったりする場合、老眼の疑いがあります。

例えば、指を目の前に持っていき一番近くで見える所を近点といいますが、若いときは近点が30cmより近くにあり、年齢とともに近点が離れていき40歳を超えた頃から近点が本などを読む30cmより遠くなります。

それで近点を近くにもってくるために凸レンズを使ったメガネ(老眼鏡)を使うことになります。

人は6歳ぐらいから近点が遠くなり始め70歳ぐらいで止まります。だからその間で、本など読みにくくなってから止まるまで凸レンズの度数がふえていくことになります。また、職業柄近くで物をみなければならない方は、より近点を近づける為に度数が高くなります。つまり老眼鏡とは、近点を近づける道具ということです。

老眼鏡は今まで説明したとおり、見る物の距離によって度数が変わり、読書する時、パソコンの画面を見る時、細かい作業を近くでする時などで違ってきます。

単焦点レンズの老眼鏡の場合メガネをかけたまま遠くを見るとぼやけて見えません。このメガネは近くの決まった距離だけを見る為のメガネなので、それより遠くを見るということは、度数の強いメガネをかけているのと同じ原理となり、度がすすむ原因にもなりやすいので、してはいけません。

老眼鏡の度数は人によって違いますが正視(近視・遠視・乱視でない)の人の場合年齢の目安として、40~45歳(+1.0D)、45~50歳(+1.5D)、50~55歳(+2.0D)、55~60歳(+2.5D)、60歳以上は(+3.0D~+4.5D)です。検眼は眼科医に行き、処方箋を書いてもらうことをお勧めします。

老眼鏡の選び方

老眼鏡の選び方で、一番に考えなければならないのは用途です。

  1. 長時間の読書に必要
  2. パソコンの作業を長時間するのに必要
  3. 会議・講演など遠くと近くを同時に見なければならない
  4. 外出したときに小さな字の値札やメニュー雑誌などを見なければいけない時がある
  5. おしゃれなメガネだけれど老眼鏡だとはっきり分かるのがいや

以上のように使う目的でレンズの種類や度数が変わってきます。

①の場合視野が広い単焦点レンズ。

②の場合、画面は読書の距離よりが遠くなるので、度数が低くなります(単焦点レンズ)※眼精疲労を軽減するブルーライトカットレンズ、

また、書類等を見ながらパソコン画面も見るときは、中近両用・近近両用メガネが便利です。

③は遠くを見たり近くを見たりするのに、いちいちはずしたりはめたりするのが面倒な方の為に、レンズの上は度なしで、下には度が入った2重焦点レンズや累進多焦点レンズなどの遠近両用メガネがあります。(※近視や遠視などの人は上にその矯正レンズが入ります。)

④はバッグやポケットにしまいやすい携帯用老眼鏡があります。ただ視野が狭いので長時間使用には向いていません。

⑤は累進多焦点レンズといって、遠くから中間、近くまで全て見え、境目がないレンズがあります。境目がないので、おしゃれなメガネをかけると気分も若返ります。、レンズ設計の進歩で以前に比べるとかなり慣れやすくなっています。

老眼鏡の度数測定

検眼には他覚式検眼と自覚式検眼とがあり、他覚式検眼はレフラクトメーターという器具を使い瞳孔から光線を眼に入れその反射でメガネの度数を測ります。

ただしこれは、近視、遠視、乱視を測る方法で、老眼の場合は自覚式検眼でしか度数は測れません。

老眼においての自覚式検眼とは検眼を受ける人に大きい字から小さな字まで印刷してある表を持たせ、低い度数の凸レンズから段々上げていき一番楽で、見やすい度をさがす方法です。

近視、乱視、遠視の人はその矯正度数の上から凸レンズを加えた度数になります。

その場合一番問題なのは、左右の度が違う人で左右の度数の差が大きい人は網膜に写る像の大きさが違ってくるので、頭が痛くなることがあります(コンタクトは像の大きさは同じ)。

検眼の際、楽に見れるように度数の差を縮めるとかの調整が必要になってきます。次に、使う目的によって度数が変わります。検眼のときに必ず使う目的を伝えることが大切です。

普通は本を読んだり、デスクワーク用で検眼しますが、パソコンの画面など少し離れたところを見るにはそれより度数が少し低くなります。

また、細かな作業をする為に近寄って見なければならない人は度数が高くなります。

次に計算により自分で老眼鏡の度数が分かる方法を紹介します。

≪測定器なしで自分の老眼度数が分かる計算方法

老眼の度数を自分で計算できる方法。まず指を眼から約10cmに置いて見ます。だんだん遠ざけていき一番近くで指紋がはっきり見える所を探します。そこを近点といいます。眼から近点までの距離(近点距離)で調節力が分かります。
「 調節力(D)=100÷近点距離(cm)」
近点距離が50cmの人の調節力(D)は100÷50=2(D)です。
普通読書距離は約30cmですので必要な調節力(D)は100÷30cm=約3(D)です。
その人の老眼度数は3(D)-2(D)=1(D)
つまり+1(D)の老眼鏡が必要となります。

若いときは近点が30cmより近くにあり、年齢とともに近点が離れていき40歳を超えた頃から近点が本などを読む30cmより遠くなります。

人は6歳ぐらいから近点が遠くなり始め70歳ぐらいで止まります。だからその間で、本など読みにくくなってから止まるまで凸レンズの度数がふえていくことになります。

度数目安表はこちら

老眼鏡・シニアグラスを選ぶためには、あなたに合った度数を選ぶことが大切です。
タイム堂では、あなたに合ったレンズを選ぶために「度数目安表」をご用意しました。
下の文字を30cm離して、肉眼で見て下さい
※パソコン用はパソコン画面を見る距離で見て下さい。

度数目安表

≪遠近両用メガネ購入を失敗させない、弊社のメガネ作成の際の為のポイントを紹介します≫

①遠近両用メガネを加工する際、購入者の瞳の位置とレンズの遠方位置マークを合わせて作成しなければなりません。※画面一番下のところで写真で説明⇒
※これが一番重要で、瞳孔間距離を測らずに買うと見えないとかふらつくの一番の原因となります。遠近両用メガネ販売で瞳孔間距離を聞いてこないのはありえないことだと思います。

② 上下の度数の差が1,5以上になると違和感が強くなります。 上の度が±0の場合、下の度が+1.5までなら比較的慣れやすいということです。それで、レンズ近用+2.0以上の方のみ、上部分は中間用度数にしています。理由①眼鏡のレンズの上側でもパソコンが見やすい。理由②人は普段は2mぐらいまでを見ている。理由③加入度数(レンズの上と下の度数の差)1.5度だとフラつきが少ない。それらの理由からレンズ近用+2.0以上の上部分は中間用度数にしています。※現在までこの方法でクレーム返品0。今後も、少しでも老眼の不自由さを解消できる眼鏡を提供できるよう努力いたします。※近用+2.0以上でレンズの上側が±0の方がいい方はそのように作成いたします。 ③体質や他の条件でどうしても慣れなかった方。⇒
全額返金保証。※そのような方もいらっしゃいます。あまり無理に慣れようとすると眼精疲労をおこしますので一度キャンセルして、眼科で検査して購入を再度検討されるのをお薦めします。

 

 

  ≪失敗しない遠近両用メガネ購入の為の知識≫

高額な遠近両用メガネを購入したけど慣れなくて結局使っていないという声をよく聞かれると思います。
理由①現在掛けている遠近両用メガネは物が歪曲して見えふらふらする。掛けて歩くと船酔いしたような感じで長く掛けていられない。
  ②今持っている普通の老眼鏡(単焦点レンズ)の方が見やすいし、遠近両用メガネはあまり掛けないで、またその老眼鏡(単焦点レンズ)を使っている。

以上が遠近両用メガネをを購入され、使わずにいる主な理由です。
遠近両用メガネは高額ですし、できたら便利に使いたいので失敗はさけなければなりません。

  <遠近両用メガネを便利なツールとして使いこなす方法>

①遠近両用レンズ(境目なし多焦点累進レンズ)の構造はだいたい図のようになっています。

近視の人が使っているメガネレンズの場合レンズ全体が同じ度数ですが、遠近両用レンズは目の動きに沿って度数が変わっていきます。 つまりこのレンズは目を動かすと度が変わるので、今までと違和感があるのは当然なのです。 また、前にも説明しましたが、大手レンズメーカーのブログで上下の度数の差が1,5以上になると違和感が強くなると書いてあります。 上の度が±0の場合、下の度が+1.5までなら比較的慣れやすいということです。 それ以上の度の方に弊社が提案しているのは、上を遠方用でなく中間用(約2m以内)の度を入れることです。 パソコン画面も見やすくなり、室内で普段私たちは2m以内を見ているので殆んど問題ありません。 つまり下の度が+2.0の方は上に+0.5の度が入ることになります。 その場合上下の度数差は1.5ですみます。つまり+2.0の度以上の方のレンズ上部は中間用メガネということになります。

②事実本などを長時間読むときなどは単焦点お老眼鏡が使いやすく疲れにくいメガネです。「自分は普通の老眼鏡(単焦点レンズ)を必要な時にその時だけ掛けて使えばいい。」と言    われる方には遠近両用メガネはお薦めしません。その時は老眼鏡(単焦点レンズ)をお使い下さい。老眼によるメガネの掛け外しの不自由さを克服したい!と真剣に思っていられる方、 仕事などで本当に必要な方は使いこなしができれば、本当に便利なアイテムになります。使う場所、用途でメガネを使い分けるのが理想です。

 

遠近両用メガネは遠方を見るレンズ上部と書類などを見る下部の度数の差が少ないほど違和感が少なくなります。 上の度数が±0で下の度数が+0.25ですと殆んど違和感は感じないと思います。 ・「老眼の本」の中で眼科医が遠近両用メガネは老眼初期の低い度数の時から使っていけば、度が上がっていっても慣れやすいと書いています。 できたら老眼になり始めから使用されるのをお薦めします。

 

他に、長時間パソコンで仕事や作業されている方には是非パソコン用中近両用メガネ(ブルーライトカット付き)をお薦めします。 仕事などで老眼の方がパソコン画面を見ながら書類を見る場合 眼鏡の掛けはずしで、作業効率が悪くなりいらいらして、目も体も神経も疲労してしまいます。 パソコン用中近両用メガネは使い方さえ慣れれば非常に便利なアイテムです。またブルーライトカットのレンズですと、眼精疲労の原因の一つも除いてくれるのでお薦めです。目の動きもパソコン画面と書類が主ですので、違和感も少なくてすみます。 パソコンで仕事をされている方にはパソコン用中近両用メガネを1つ持たれることをお薦めします。

 

弊社では、遠近両用メガネを加工の際は下の度がある部分を多くとり書類を見やすく作成しています。遠近両用メガネでも老眼鏡なので書類等を見 る部分が少ないと意味がないと思います。それとメガネは掛けているとだんだん鼻からずれ下がってきますので、特に下の度の部分が見えにくい状態になりやすくなります。また遠近両用メガネを使用する要領として、書類を見ない時はメガネを下げ気味に、書類を見る時は少し上げると見やすくなります。

 

⑥パソコン用中近両用メガネは反対に上の部分を見やすく広く取っています。パソコンを使っている時はパソコン画面を見ている時の方がが多いので、書類を見る部分を低くしています。

 

また、遠(中)近両用メガネはメガネ加工際その方の瞳孔間距離が必ず必要です。自分でもできる計測方法がありますので商品のコーナーで紹介します。

 


「ヤフーショッピングでのご購入はこちらへ」
ロゴをクリック!
"ヤフーショッピングへ"


「楽天市場で のご購入ははこちらへ」
ロゴをクリック!
"楽天市場へ"


 

  ≪遠近両用メガネレンズ加工過程≫

レンズ !

遠近両用レンズ右の生地です。上のレンズマーク !下部+にお客様の瞳がくるように加工します。 

セット !

いただいたお客様瞳孔距離から算出した値により投影機の緑の線を移動させる。その線上がお客様の瞳の位置になります。※≪算出方法≫フレームの右レンズ部分の中心と左レンズ部分の中心の距離からお客様瞳孔距離を引いた値÷2=内寄せ値(mm)。

器械 !

縦の瞳の位置をフレームの窓の大きさなどを考慮して決めます。両面粘着シールを貼った自動レンズ加工機用取り付けカップをレンズと貼り合わせます。 

器械 !

レンズと型枠を自動レンズ加工機にセット。自動でレンズが型枠と同じ形に加工されます。 

レンズチェック !

フレームにレンズをはめ込みます。左右レンズの+字マークの間がお客様の瞳孔間距離通りになっているかの検査をします。 

ご自分の最適な老眼鏡度数はご存知ですか?

下の文字を30cm離して、肉眼で見て下さい
見えにくくなった文字の大きさを目安に度数をお決め下さい
(パソコン用の度数は、見るのに必要な距離で文字を見て下さい)

Self Check!